包茎手術をした後に気をつける事│清潔感を保つようにしよう

レビトラの効能と入手方法

レビトラは横浜でもED治療薬の一つとして認知されているED治療薬です。他のED薬と比べて一番の長所となるのはなんといってもその即効性で、どのED治療薬よりも早いとされています。

包茎手術後の管理方法

医師

千葉には実績の確かなクリニックなども多く、千葉で包茎手術を行う方も多いです。包茎手術は手術後にも注意が必要となります。一般的な手術後の対応については、手術の方法が乾燥式か湿潤式かによって変わります。乾燥式は消毒液や抗生物質などの利用と服用が必要になり、シャワーでの洗浄が可能になるのが手術後8日目からとなります。12日から14日ほどで抜糸を行い、包茎手術の後から普段通りの生活が送れるようになるまで合計で3週間ほどとなります。湿潤式は消毒液などを基本的に使用せず、シャワーなどで傷口を洗浄します。そのため、手術後3日目からシャワーを浴びる事が可能になり、この時から手術後の部分の洗浄を行っていきます。抜糸は8日目から10日目ほどで行われ、普段通りに生活できるようになるまでは2週間ほどとなります。最近では従来の乾燥式管理よりも日常生活の負担が早く、また傷の治りも早いため、湿潤式管理になることが多くなっています。また、手術後の私生活の際には、排尿や入浴時に気をつける以外にも、患部を清潔に保つ必要などがあります。夏場は汗をかきやすくなってしまうため、常に数枚の下着を携帯して、適宜履き替えるようにしましょう。また、手術後当日から数日間は禁酒と喫煙が必要になります。数日後からは自由になるため、飲酒や喫煙を日常的に行っている方はあらかじめ医師に確認しておいたほうがいいでしょう。性交や自慰行為に関しては、担当医の許可が出るまでは禁止となります。

医薬品

心因性EDを改善するには

博多でも多くの男性がEDに悩んでいるとされていますが、EDにも身体的な原因の器質性EDと精神的なストレスなどからくる心因性EDなどがあります。どっちのEDに分類されるかを把握し、改善に繋げていきましょう。

医師と患者

早漏を対策するには

性交時にある男性の悩みの一つである早漏。自力で刺激に慣れるようにして改善するという方法などもありますが、早漏改善薬を服用するといったもの改善への近道になります。早漏でお悩みの方は検討してみるのもいいでしょう。