包茎手術をした後に気をつける事│清潔感を保つようにしよう

早漏を対策するには

医師と患者

早漏について悩んでいる男性は決して少なくはありません。特に日本人男性は包茎である比率も多く、普段から敏感な部位である亀頭を露出することに慣れていないため、挿入で包皮が剥かれて性的刺激を受けた際に、刺激が強くて結果として早漏になってしまっている場合などもあります。自身で改善に取り込む事も多いでしょうが、早漏防止薬という存在もあります。早漏対策となるアイテムには、他にも男性器に吹きかけるタイプのスプレーがあったり、軟膏のような男性器に塗り込むクリーム状のものがあったりしますが、飲み薬が選ばれる事が多いです。飲み薬の最大の利点は、パートナーに薬を服用していることを悟られない可能性が高いことです。スプレーやクリームなどは直接吹きかけたり塗り込んだりする必要があるため、普段と違うことに気づいてしまう女性もやはり居ます。その点、飲み薬であれば体内から作用するため、男性器から気づかれるということは殆どないでしょう。飲み薬となると副作用などが気になる人も多く居ますが、早漏改善薬の副作用は軽い症状で鼻づまりや夏緒の赤みなどが出る程度であることが殆どです。相性によっては目眩や頭痛などが引き起こされることもありますが、一時的なものであるため薬の効果がなくなると副作用も低下します。用法用量を守らないと、こういった副作用を引き起こすことも多くなってしまうため、注意が必要です。また、飲み薬の中には早漏防止薬のみの薬以外にも、ED治療薬と併合されているものなどもあったりします。